無職の借入審査

無職でも借入できますか?

キャッシングは仕事をしていないと借りることができないものなのでしょうか。
現状無職だけれどもキャッシングしたいという方はいらっしゃると思います。
キャッシングは「継続して安定した収入がある人」が大前提です。
ですから無職の人は原則キャッシングができません。
失業中の方は残念ながらキャッシングの申し込みはできません。
しかし例外があります。

 

年金受給者
年金は数ヶ月に1回まとめて支払われる仕組みになっています。
これを「継続して安定した収入がある人」とみなしている業者もありますから、年金受給者でもキャッシングは可能です。
専業主婦
専業主婦は夫に「継続して安定した収入」があるケースが多いです。
夫に収入があればキャッシングはできます。
ただし、専業主婦の借入はキャッシングできる業者が限られています。
貸金業法の総量規制が関係しているからです。
今のところ貸金業法に基づいて営業をしている業者からは専業主婦だと借入はできませんのでご注意ください。
貸金業法に基づいて営業をしている業者
信販系
消費者金融系

などが挙げられます。

 

しかし上記以外の業者であればできます。
具体的に申しますと、銀行が運営をしている銀行系カードローンです。
銀行系カードローンは銀行法に基づいて運営をしていますから、貸金業法とは関わりがありませんので大丈夫なのです。
ですから、専業主婦の方の場合申し込む業者に注意が必要です。
以上が無職でも例外で借りられるケースになります。
こちらの例外はどこのキャッシング業者でも借りられるというわけではありません。
ご自分が例外の中のどれかに当てはまっている場合は、申込みたいキャッシング業者に申込が可能かを問合わせてみるか、ホームページなどで調べてから申し込むことをお勧めします。