借入の審査が通らない理由

借入の審査に通らない理由

借入の審査に通らない理由は一体どんなものがあるのでしょうか。
こちらでは審査に通らない代表的な理由をいくつか挙げてみました。
まず多いのが他社の借入状況に関するものです。
キャッシング業者は新規顧客に対して、他社の借入件数や金額の制限を設けています。
ですから他社のキャッシングをたくさん利用している方は審査に落ちてしまう可能性が高いのです。

 

ではどのくらいの件数や金額だと審査に落ちてしまうのかという疑問が浮かびます。
しかしこの制限は業者によって異なるのと、完全非公表としていますので、具体的な数字は挙げられません。
ただ、だいたい件数で言うと4件〜5件以上あると審査では厳しいでしょう。
次に多いのが過去のキャッシングの支払い状況に関するものです。
キャッシングの審査では個人の信用情報を必ず照会します。
信用情報機関と言って、利用している業者別に情報機関が違います。
KSC → 銀行系
CIC → 信販系
JICC → 消費者金融系
自分が利用している業者がどこに属しているのかによって情報が載る機関が違いますが、どの機関でも完済すれば情報は消えます。
しかし、支払いに難アリと判断されると5年〜10年間は情報が載ってしまうのです。
難アリの詳細は
長期支払い延滞

任意整理
個人再生
自己破産
などです。
これらの情報は各情報機関が共有するようになっていますので、過去にこういったことがあった場合は最低でも5年間はどこからも借りることができません。
次は近い日にちで何件もキャッシングを申し込んだ場合です。
数打ちゃ当たると言わんばかりに、いろいろなキャッシング業者に一斉に申込をして、どこか審査に通ればいいやという方が時々いらっしゃいます。
が、これは絶対に辞めて頂きたい行為です。
詐欺でよく使われる手段の中に、同時期に一斉に申込をするというやり方があるからなのです。
ですから、絶対に直近で何件も申し込むのはやめてください。
以上が審査に通らない代表的な理由になります。