借入審査の勤務先への在籍確認

勤務先に在籍確認はありますか?

キャッシングの審査では在籍確認と言って、勤務先に電話をし、実際に記入された会社に勤務しているかどうかを確認する作業があります。
でも勤務先に電話をされると、キャッシングの申し込みがバレてしまうのでは?と不安に思う方は多いと思います。
だから、できることなら在籍確認はしないで欲しいものです。
でも残念ながらどうしてもしなくてはなりません。
勤務先への在籍確認を拒否することはほぼ不可能です。
これじゃあ会社にバレちゃうから申し込みは辞めようかな・・・。
と思っているのならば、その心配は無用です。
というのも、在籍確認はキャッシング業者名ではなく個人名で架電をするからです。
○○ → キャッシング業者の個人名
△△ → 申込者
「○○と申しますが、△△さんは今いらっしゃいますか?」
このような感じで架電します。
よく会社にはマンションや株などの営業電話がかかってくるものです。
ですから、個人名で架電をしたとしても、まずキャッシング業者の在籍確認とはわかりません。
そして在籍確認は必ず自分本人が電話に出なくても大丈夫なのです。
もし自分がその場にいないときに上記のような在籍確認の電話が来たとすると、電話を受付たほとんどの人が

「只今△△は席を外しております。折り返しこちらからお電話いたしますので・・・」
このように言うことでしょう。
この受け答えがあれば在籍確認はOKなのです。
今席を外している=会社に在籍している
と認識されるからです。
そしてここが最も重要なポイントですが、キャッシング業者が架電をする際に使用する電話番号は、業者の代表電話番号ではないという点です。
会社の電話は大抵ナンバーディスプレイになっていると思います。
気を利かした電話受付者がその電話に折り返し架電をしたとしても、キャッシング業者名を名乗らないようになっている電話番号を使うようにしていますからバレる心配は無いのです。
ここまでキャッシング業者は神経を使って在籍確認をするようにしていますから安心してください。