借入 審査

審査に通過するには

パソコン男

初めての借入…。
審査に通過することができずお金が借りられなかったという方は多いのではないでしょうか?
そのような結果になる前に、申込み段階で審査の不利にならない様に書類の記入を気を付けていきましょう。

 

気を付けるべきポイントは、申込みの段階で必要事項を正確に書くことです。
勤務先や自宅の住所と電話番号を間違えない
他社利用件数は嘘をつかない
退職した勤務先を書かない
年収は正しい金額で申告する

 

こういった個人情報は信用情報機関に集められ金融会社で共有されています。
審査通過の判断基準は公にされていませんが、「虚偽報告」をしてしまうと確実に審査の通過はできません。
審査に通らなかった履歴も残るので、後々不利になってしまいます。

 

上記のことを踏まえて書類の記入をする際は何度も見直した後に提出するようにしましょう。
そうすれば無事に審査を通過できる可能性が増えますよ。

 

ご紹介する借入業者は審査も早く、申し込み前に借りられるかどうかを判断するシステムも用意されています。
まずは自分で診断してみるのもいいですね。

おすすめのキャッシング業者ランキング

三菱東京UFJ銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行のカードローンは、信頼度抜群で人気が高いです。

はじめて借りる方でも知名度がある三菱東京UFJ銀行のカードローンであれば安心です。
テレビ窓口なら即日のカード受け取りも可能ですが、テレビ窓口に行く前にインターネットから申し込みをしておけばより早く契約まで完了することができます。
時間をかけることなく申し込みから契約まで行うことができるので忙しく時間があまりとれない方でも融資を受けることが出来ますよ。
金利が気になる方にも低金利で安心です。

 

実質年率 ご融資額 審査スピード
4.6%〜14.6% 10万円 〜 500万円 最短即日

レイク
新生銀行「レイク」は、融資限度額500万円までで低い金利が人気です。

パソコンや携帯で申込後に審査結果が画面ですぐ分かります。
借入後30日間、もしくは5万円以下の借入で180日間無利息になるサービスや、即日振込み可能なのもうれしいですね。
ご利用・ご返済は提携ATM/CD全国約台が手数料無料でご利用可能なので大変便利です。
CMや広告でもおなじみで、はじめての方にもおすすめです。

 

実質年率 ご融資額 審査スピード
4.5%〜18.0% 1万円〜500万円 最短即日

 

アコム
アコム 抜群の知名度を誇るアコムです。

365日24時間いつでもご利用可能&来店不要でWEBから申込みから契約まで完了できます。
WEBのお試し審査ならたった3秒で診断、審査回答も最短30分というスピードで、借入れ可能かが分かります。
最大500万円までの借入れOKで、即日融資も可能です。
名前の知れた大手のアコムからなら安心して借りられます。

 

実質年率 ご融資額 審査スピード
4.7%〜18.0% 1万円〜500万円 最短30分

モビット
モビット

三井住友銀行グループのモビットは、はじめてカードローンを利用する人でも安心の返済シュミレーションがあります。
低い金利設定で、限度額は500万円まで借入れ可能です。
審査結果を最短10秒でおしえてくれる10秒で結果表示もあります。
郵送などの面倒な手続きもないのですぐに融資を受けることが出来ます。
(即日融資は14:50までの振り込み手続き完了で当日振り込み可。審査結果により不可の場合有。)
急な出費にも対応することができてとても便利です。

 

実質年率 ご融資額 審査スピード
4.8% 〜 18.0% 1万円〜500万円 10秒で結果表示

借入の審査について

急な出費のときなどに、キャッシングできるカードを一枚手元に置いておくと便利ですし心強いものです。
キャッシングできるカードを手元に置くには、まず申し込みからしなければなりません。
最近はどこのキャッシング業者も、インターネットから手続きができるようになっていますので、気軽に申し込みができます。
申し込みの記入が完了し、必要書類と一緒に業者へ提出すれば、そこから審査が始まります。
キャッシングの申し込みをためらう要素として一番多く聞かれるのが、審査に関しての不安な気持ちです。
キャッシングのカードが持てるか持てないかは、全て審査の結果次第になるのですが、キャッシング業者はこの審査を完全非公式で行います。
どのような感じで審査を行っているのかが分からないため、申込人である私たちは不安になってしまうのです。
なので、こちらでは審査で不安にならないために、いくつか注意ポイントを解説したいと思います。
まず、キャッシングの審査の大前提は、借りたお金を確実に返せる人かどうかという点に尽きます。
この人にお金を貸せるか、貸したら必ず返済をしてくれるか、というのを提出された申込書と身分証明書と、信用情報機関への情報照会から読み解くのです。
信用情報機関とは、申込人の他社のキャッシング借入状況を一覧できる機関のことで、他からお金を借りているかどうか、また借りているのならば借りている件数や金額、さらには過去の支払いに関してのトラブルはなかったかどうかなどを調べます。
ですから、過去に他社などで支払いの長期延滞や債務整理などがあると自覚している人は審査に落ちてしまう確率が高くなってしまうのです。
でも、他社での支払いも問題ないし、他社からお金を借りていすらいないのに審査に落ちてしまうという人が時々います。
一体どうしてなのでしょうか。
審査の重要ポイントは先ほど述べました、貸したお金を確実に返してくれるかどうかという点でした。
これはイコール信用度が高い人という解釈になります。

信用度が高い人というのをキャッシング業者はどう判断するのかというと、申込書に虚偽申告はないかどうかというところから見るのです。
申込書には名前や住所、生年月日、勤務先など細かく記入します。
そこに、事実とは異なることを書いてしまうと、嘘=信用がない人と判断されてしまうのです。
特に虚偽申告が多い箇所というのが、他社の借入件数状況の欄になります。
少しでも業者側に良い印象を残したいがために、今借りている他社の件数を少なく申告したり、他社0件などを記入してしまう人が希にいらっしゃいます。
この行為は、自分が借りている借金の把握もできない人とみなされてしまいますし、何よりも業者側に嘘をついたことになります。
ですから、申込書には事実をありのままに、そして正確に記入するように心がけましょう。
このポイントさえおさえておけば、安心してキャッシングの申し込みができます。

見てみて納得のおすすめサイト一覧

自動契約機
キャッシングやカードローンの自動契約機について詳しく解説しているサイトです。仕組みはどうなっているの?気になるけど利用したことのない方は要チェックです!
http://www.coloradostatedirectory.com/

 

カードローン 専業主婦
家計のやりくりのピンチに役立つ専業主婦でも借入可能はカードローンを紹介しているサイトです。低金利・無利息など特典が魅力的なカードローンの情報はこちら。
http://www.fourheart.jp/